Tensley Wines

1993年に『Fess Parker Winery』からワインビジネスをスタートしたオーナー兼ワインメーカーのJoey Tensleyはその後、サンタバーバラのTOPワイナリー『Babcock Vineyards』でアシスタント・ワインメーカーを務めます。ここで「偉大なワインは偉大な葡萄から ”のみ”生まれる」という重要な経験を積み、1998年に『Beckmen Vineyards』 にてワイナリーの一隅を間借りして念願であった自らのレーベルでのワイン造りを始動させました。 Colson Canyon Syrah 2008 →『Wine Spectator2010年TOP100』17位、Food&Wine誌『2008全米ベストシラー』、マット・クレーマー「世界TOP10ワイン」、Wine Advocate 99点(2008 Tensley Syrah Anniversary Series )


Colson Canyon Syrah (コルソンキャニオン シラー )

シラー100%

パワフルで構造のしっかりしたワイン。非常に乾燥した年で樹にストレスがかかり、小粒の濃密な実ができた。約21日間皮をつけたまま置いた後プレスし、フレンチオーク樽(20%新、80%ニュートラル)で熟成。ほのかな木の香りとベルベットのような口当たり。ブラックベリー、ブラックカラント、スモーク、ペッパーとバニラのフレーバーが口中をめぐる。今すぐ飲んでも良いですが12年は熟成に耐えられます。Wine Advocate 94-97点