Hope Family Wines

1980年代初頭、ナパ ヴァレーの5つ星ワイナリー“ケイマス”のチャック・ワグナー氏は、低価格で良質なセカンドブランドの創作をもくろみ、カリフォルニア各地を渡り歩いてホープ・ファミリーと出会い『リバティー・スクール』 という名のブランドを生み出しました。その後、ハイコストパフォーマンスなワインとして大成功を収めた後、ホープ・ファミリーは独立して自らのブランド 『トレアナ』 を設立し、それを機会にリバティー・スクールもトレアナ・ファミリーの一員となり、品種もシャルドネ・シラーを加え、更なる躍進を遂げています。


リバティースクール カベルネソーヴィニヨン

Liberty School Cabernet Sauvignon

カベルネソーヴィニヨン100%

パソロブレス産葡萄を仏米混合樽(内10%は新樽)で18カ月熟成。樽で寝かせている間2回澱引きしボトリング直前にろ過。ブラックカラント、つぶしたブラックベリー、チェリーというクラシックカベルネのアロマ。その底層にはこがしたサンダルウッド、ブラックペッパーコーン、ユーカリプタスとシナモンの香りが流れる。口中ではダークベリー、チェリーとほのかにトーストしたオークの味わいが広がり、ベルベットのようなタンニンとバランスの取れた酸味が長くフルーティーなフィニッシュへと導く。
2009年ヴィンテージ『Wine Enthusiast TOP100 BEST BUYS2012』第3位!

リバティースクール シャルドネ

Liberty School Chardonnay 

シャルドネ 88%、ピノグリ7%、マルサンヌ4%、ヴィオニエ 1%           

収穫後房ごとプレスし樽発酵後、澱の上で6~8カ月間米仏のニュートラルオーク樽内で熟成させました。クリーミーさを増すため月に1回攪拌し、8カ月後にブレンド。その後ボトリングの前にタンク内で3カ月熟成。青リンゴとレモンゼストにトロピカルなパイナップルとマンゴーの加わったアロマで始まり、活気ある酸味がインパクトを与える一方、クリーミー な口当たり、青リンゴ、ブラッドオレンジ、グアヴァとトーストしたアーモンドのリッチなフレーバーが口中を満たします。
SAKURA AWARDS 2016 ゴールド受賞

トラブルメーカー

シラー57%、グルナッシュ15%、プティシラー11%、ムールヴェドル10%、ジンファンデル7%

セントラルコーストで全盛の種類のワインの影響を受けて5品種のブレンドを造りました。ヴィンテージもブレンド。平均14か月フレンチ&アメリカンオーク(15%は新樽)で熟成。とろっとしたブラックベリーとスパイシーなラズベリーのアロマがスモーク、ホワイトペッパー、クローブ、たばこ、レザー、甘く茶色いベーキングスパイスと混り合う。口中では濃厚でたっぷりしたジューシーフルーツの味わい。フィニッシュはスモーキーなトーストオークのフレーバー。

カンダー ジンファンデル ロット7

CANDOR Zinfandel Lot7

ジンファンデル89% メルロー11%

カリフォルニアで最高の古木ジンファンデルを産出することで知られている、ローダイ産葡萄が主体です。 (ローダイ産85%、サンベニート産5%、ペイシーンズ5%、パソロブレス3%、サンルイオビスポ2%) 樹齢60年を超えるコブだらけの古木の実を使用。若さと活力に満ちたフレーバーに、熟成したワインの豊潤さ複雑さをも兼ね備えたフレッシュで活きのいいワインを造る事をコンセプトに、異なるヴィンテージをブレンド。ステンレスタンク内で7~10日間発酵。アメリカンとフレンチオークの混合樽(15%新樽)内で18カ月熟成。ラズベリーとボイセンベリーのスパイシーなフルーツ、ブラックペッパー、セージの気配、微かにレザ-のアロマ。甘いベリーの風味に、バニラ、スパイスとブラックペッパーが残ります。タンニンがしっかりしているがベルベットのようになめらかで、バランスの取れた酸味が後をひく。

トレアナ レッド

Treana Red

カベルネソーヴィニヨン 75% シラー25% 

収穫後、収穫畑ごとにステンレスタンク内で14~20日間発酵。長めのマセラシオンで注意深くタンニンを抽出。品種ごとに80%フレンチオーク、20%アメリカンオーク(65%新物、残りは1回使用)樽内で13カ月熟成。最初のブレンドは2014~15年冬に行い、さらに2カ月樽内で追加熟成。ブラックベリー、レッドカラントとザクロのアロマにレザー、鉛筆の芯と甘いベーキングスパイスがほのかに香る。しっかりした、それでいてベルベットのようなタンニンのフルボディ。口中では複雑なフレーバーが酸味をアクセントにして広がります。

トレアナ ブラン

Treana Blanc

マルサンヌ 45% ヴィオニエ45% ルーサンヌ10%  

ジュースの75%はフレンチオーク樽(10%新樽)で発酵。(マルサンヌはニュートラルオークのみを使用) 。ワインはその後澱の上で9カ月間熟成。残りの25%はステンレスタンクで発酵熟成し、2013年夏に樽発酵させたワインとブレンドしました。洋ナシ、キウイ、メーヤーレモン、白い花とカシュウの生き生きしたアロマを持つ。口中では芳醇な口当たりでパイナップル、メロンとピーチのフレーバーにほのかなバタースコッチの味わいもあります。最後に鮮やかで切れの良い酸味が長く残る。