EMERITUS

1999年に設立されたソノマ・カトラー元オーナー、ブライス・カトラー・ジョーンズ所有のワイナリー。90年代半ばから試験的に造り続けていたピノ・ノワールが成功の兆しを見せ始めた90年代後半、ピノ造りに本腰を入れるべく後に重要な自社畑となるホールバーグ・ランチを購入し、最高のピノを造ろうとカトラーの畑から西へたった10マイル先にあるセバストポールにエメリタスを設立しました。現在のチームはカトラーでブライスが長年率いてきた経験豊かなスタッフで構成されています。ワインメーカーはドン・ブラックバーン、その弟子ニコラ・カンタキュゼーヌに続き、2017年からナパのメラスやクレトで活躍するデヴィッド・ラティン。ラティン個人が1998年に設立したブランドCLワインズではロシアン・リヴァー・ヴァレーに点在する優良畑から葡萄を買い付けていた事もあり、アケーシアでも良質なピノを造っていました。


エメリタス ホールバーグランチ ピノノワール

EMERITUS Hallberg Ranch Pinot Noir

ピノノワール100%

ゴールドリッジという土壌のテロワールをフルに表現する為ドライファーミングを採用。ナイトハーベスト。フレンチオーク(内25%新樽)で10カ月熟成。溢れんばかりのベリーやイチゴに胡椒、シナモン、ジンジャー等の温かみあるスパイスやフレッシュなクランベリー、ブルーベリーの果実が香ります。ロシアン・リヴァー・ヴァレーのフルーティーさと旧世界的なエレガントさを併せ持ち、厚みがあり、ベルベットの如くなめらかな質感。ほのかにレモンのような爽やかな酸が背景に感じられます。
第26回ワイン&スピリッツ誌 全米レストラン(2,500軒)人気ピノノワール部門第1位獲得。James Suckling 92点。