Chateau Haut Bergey

シャトー・オー・ベルジーの歴史は15世紀まで歴史を遡ります。その後、1991年代にガルサン=カティアール家(ポムロールのクロ・レグリースのオーナー)がこの畑を手に入れ、コンサルタントにミシェル・ローランとジャン・リュック・テュヌヴァンという豪華な布陣を敷いた事で品質が劇的に良くなり名声を得ていきます。


Chateau Haut Bergey 1997

カベルネソーヴィニヨン60% メルロー40%

手摘みで収穫後、ステンレスタンクで発酵。フレンチオーク樽で16カ月熟成(50%は新樽、50%は1度使用)。特徴としては豊かな質感に黒い果実のアロマ,繊細でありながら調和が取れたバランスの取れたスタイル。プラムやチョコレートの心地よい香り。ミディアムボディ、ソフトなタンニンとフルーティーな仕上がり。