Cantina Le monde

1970年にピスティオーニ家が設立し、2008年には現オーナーのアレックス・マッカン氏の手に渡って今に至ります。
D.O.C.フリウリ・グラーヴェ内、トレヴィソとポルデノーネ両県との境界線に近いリヴェンツァ川とメドゥーナ川の間に位置しているル・モンドは、ワイナリーの名であり、その地域の名でもあります。
フリウリ・グラーヴェとされていますが、グラーヴェらしい砂利ではなく、石灰を含む粘土質土壌が特徴。
ワイナリー内で必要とする電力の70%を太陽光エネルギーで賄い、サステイナビリティーにも力を入れています。
このエリアで初の「トレ・ビッキエリ」を獲得。


リボッラジャッラ ブリュット

Ribolla Gialla Brut

リボッラジャッラ100%

シャルマ方式で製造。個性的でインパクトのあるフローラルノートと微かな草の香り。フレッシュでエレガントな舌触りで、良くバランスの取れた酸度と風味が感じられます。余韻は長く、ミネラル感が残ります。前菜にぴったり。魚介料理や貝類等とも良く合います。

ピノビアンコ

Pinot Bianco DOC Friuli Grave

ピノビアンコ100%

なめらかで温かみある口触りでありながら、包み込むような調和の取れた芳醇なエキゾチックな熟したフルーツ、白桃、甘いスパイスのアロマ。36時間低温マセラシオン後、葡萄をソフトプレス。温度管理下で発酵した果汁を澱の上で数ヶ月間熟成しています。魚介の前菜と相性が良く、そのボディは白身肉や焼き魚との組み合わせても料理が引き立ちます。
2012-2015ヴィンテージ4年連続 トレ ビッキエリ獲得。

シャルドネ

シャルドネ100%

個性的でエレガント。フルーティーなりんごとバナナ、バニラのアロマと白い花々のブーケが香ります。フレッシュで生き生きとしていて、飽きの来ない味わい。デブルバージュ(短時間のデキャンテーション)後、移動させた澱を温度管理下で発酵。その後3月まで長期間澱の上で熟成しています。前菜に非常に良く合い、スープ、リゾット、白身肉や魚介のコース料理等にも合います。

プラタム ビアンコ

Pratum Bianco IGT Venezie

シャルドネ、ピノ・ビアンコ、ソーヴィニョンブラン

丁寧に収穫した葡萄を短期間マセラシオンしています。発酵のためソーヴィニョンブランを温度管理下ステンレススチールタンク内で12カ月熟成。シャルドネとピノ・ビアンコはフレンチオークの小樽を使い発酵、熟成。エレガントで繊細なアロマと熟した果実の味わいの後に引く、カスタードの甘い香りが特徴。舌触りが滑らかで、温かみのあるフルボディ。クインス等の果実も適度に香ります。フレッシュで奥深く、ミネラル感がよく感じられます。コース料理の最初に飲むのに最適。魚介と白身肉、エビを使ったスパゲッティー等とよく合います。

カベルネソーヴィニヨン

Cabernet Sauvignon DOC Friuli Grave

カベルネソーヴィニヨン100%

フルーティーさとスパイシーさが絶妙なバランス。程良く厳しさも感じられながら、果実味がしっかりとした、なめらかな地良いフルボディ。徹底した温度管理下で毎日ピジャージュを行いながら12-15日間マセラシオンし、その後4-6カ月間スチールタンクで熟成。ローストした赤身肉や、牛肉の蒸し煮、ジビエ等との組み合わせが最適です。

レフォスコ

Refosco Dal Peduncolo Rosso DOC Friuli Grave

レフォスコ ダル ペドゥンコロ ロッソ100%

包み込むような、エレガントなムスクと微量のベリーの香り。高貴で優美。選別した葡萄を温度管理下で12-15日間、毎日ピジャージュを行いながらマセラシオン。スチールタンクでマロラクティック発酵後、5-6カ月瓶内で熟成を行っています。ローストした赤身肉やジビエ等と相性が良いでしょう。

イナコ レフォスコ レゼルヴァ

Inaco Refosco Riserva DOC Friuli Grave

レフォスコ ダル ペドゥンコロ ロッソ100%

高原地帯で育てた葡萄は9月後半に、他は過熟した状態で10月に入って10日間の間に収穫。濃厚なスグリとブラックベリーが前面に出ていて、それに続くムスク、ペッパー、シナモン、タバコやくるみが感じられます。温かく、包み込むような柔らかさと良い風味を持ち、複雑で洗練された骨格のある造りながら、円みある長い余韻が特徴。ローストした赤身肉やジビエ等に最適。