Arnold Parmer Wines

傘のロゴで有名なゴルファー「アーノルドパーマー」ブランドのワイン。ワイン造りを行うのは、トップワインメーカーのコングスガードが監修をしていた事で品質が向上し人気となった「Luna Vineyards」。現在はベリンジャーで腕を揮っていたトム・ピーターソンがワインメーカー。パーマーとルナの創業者であるマイクムーンは長年の友人で、その縁で始まった一流同士のコラボワイン。アーノルドパーマーワインズとしては2003年創立。初リリースは2005年。米国内の高級レストラン、ワインショップで流通。


Cabernet Sauvignon (カベルネ ソーヴィニヨン) 

カベルネソーヴィニヨン100%

2013年は低アルコールとしなやかなタンニンの洗練された特徴を見せます。葡萄は2週間発酵し、極限まで熟したフレーバーとしなやかなタンニンを引き出すため長めにマセラシオンを行い、その後オーク樽で16カ月熟成。クローブとカラメルの風味と香り、口中では鮮やかなレッドフルーツがダークココアとなめらかなバニラエッセンスと混ざり合い、エレガントに包み込むような口当たりで終わります。針葉樹とエスプレッソのフレーバーが鮮やかなフルーツと溶け合う。

Chardonnay (シャルドネ)

シャルドネ100%

冷涼な畑で栽培されたシャルドネを使用。葡萄は房ごとプレスした後、ステンレスタンク内で低温発酵。乳酸発酵後、一部をオーク樽で熟成させ、春の終わり頃にブレンドしました。明るく風味豊かでレモングラス、ゴールデンアップル、ジャスミンのアロマを持ちます。熟した洋ナシ、リンゴと柑橘のフレーバーに先立ち、トーストを思わせるバニラ香がはじけ、みずみずしくフレッシュな味わいが広がります。

Cabernet Sauvignon Reserve (カベルネ ソーヴィニヨン リザーブ)

カベルネソーヴィニヨン100%

ナパ東部のCoombsville地区で栽培。幸運なことに秋の豪雨が来る前に全ての葡萄を収穫でき 冷涼な生育期間により天然の酸味が高く旧世界スタイルのワインとなりました。葡萄は2週間発酵させ3週間浸し置き、フレーバーとしなやかなタンニンを極限まで抽出、選抜したたボルドー輸出用樽内で熟成。レザーとスパイスの芳香が混ざり合っている。口中ではより深いレッドフルーツにアールグレーが加わり、フィニッシュに濃密なフルーツのフレーバーがタンニンを補う。